Profile

大森愛弓 作曲家。
作品コンセプトは、「着物でパリの街に立つように」。大阪とパリで学んだクラシック音楽の伝統を背負い、自らの内に流れる日本固有の世界観を描きます。

IMG_4316 Ayumi Omori was born in 1990 in Osaka, Japan. In 2015, she obtained her master’s degree in composition at the Osaka University of Education (Osaka Kyoiku). In 2012 and 2014, she was selected for the All Japan Composers Competition of TIIA (Tokyo International Association of Artists). In 2018, she entered the École Normale de Musique de Paris. She studied in the class of film music composition with Béatrice Thiriet, and obtained the higher diploma with the congratulations of the jury unanimously in 2019. In 2019, she received the grand third prize and the special prize of the International Antonin Dvorak Composition Competition with her orchestral piece. In April 2020, she is one of the 6 finalists selected in “Creation Competition – Music for the image “FESTIVAL INTERNATIONAL DE VALENCE (France), which was unfortunately canceled(Reason for COVID-19).

 1990年、大阪府生まれ。4歳でピアノ、9歳で作曲を始め、地元の祭で太鼓を叩いて育つ。スタジオジブリ映画や児童書ハリーポッターに感激し、音楽でファンタジーを作りたい!と 広くリベラルアーツを学べる大阪教育大学・同大学院芸術文化専攻で作曲を専攻、重ねて日本の文芸を研究し『新古今和歌集』をテーマにした曲で修士号(芸術)を取得。在学中、全日本コンクール入選をきっかけにプロ作曲家活動と教員業を同時スタートし、楽団の依頼や楽譜出版などと専門学校の音楽専任講師とのパラレルキャリアを積む。
 2018年、総合芸術を学ぶためフランス・パリに移り、バレエ・オペラ・生演奏映画などに触れる。また エコールノルマル音楽院 映画音楽作曲科に在籍、フランス映画の第一人者Béatrice Thiriet氏にフィルムスコアリング(映像の芯や繊細な表現を読み取り音楽に具現化する技法)やDAW(コンピューター音を加えた作曲)を教わり、2019年には審査員満場一致の賞賛付き首席 および飛び級により最短の1年で映画音楽作曲高等ディプロムを取得。2020年夏、同音楽院の研究科とパリ15区音楽院の指揮科1年課程を修了し帰国。これまでにオーケストラ、映像×音楽、合唱、吹奏楽、童謡、室内楽、BGMなどの作曲を仕事として網羅し、現在30歳、フリーで映画やコンサートの音楽制作に携わる。

賞歴:

コラボレーション:

楽譜出版先:

 ASKS Winds、日本童謡協会、ワンハンドピアノミュージック

CD出版先:

 日本童謡協会、セレーノミュージックオフィス、ワンハンドピアノミュージック、TIAAミュージックエンターテインメント

師匠:

ピアノと作曲を岡田正昭氏、作曲・オーケストレーションを北川文雄氏、映画音楽作曲をBéatrice Thiriet氏、指揮をAdrian McDonnell氏に師事